My Oracle Support Banner

EM 12c, EM13c: Cloud Control 12c でデータベース・インスタンスターゲットを手動検出する方法 (Doc ID 2010322.1)

Last updated on JUNE 19, 2019

適用範囲:

Enterprise Manager for Oracle Database - バージョン 12.1.0.1.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語の文書 Document 1396361.1 (最終メジャー更新日: 2017年11月17日) の日本語翻訳版です。

  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

***Checked for relevance on 27-Jun-2013***

目的

Cloud Control では様々なターゲットの検出方法がありますが(例: 手動検出、自動検出、ガイド付きプロセス、emcli での検出)
本文書ではターゲットの手動検出の方法について記載します。

本文書はクラスタ・データベースは考慮していません。クラスタ・データベースの場合、 Note:1908635.1 "How to Discover the Cluster and Cluster Database (RAC) Target in Enterprise Manager Cloud Control" を参照してください。

: 本文書のスクリーンショットは Enterprise Manager 12c ユーザインターフェース (UI)となります。EM 13c では UI は若干異なりますが同様の概念で適用可能です。

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.