My Oracle Support Banner

EM 13c: 誤ったメモリー使用率が Linux ホストの 13.1.0.0.0 Cloud Control よりレポートされる (Doc ID 2192627.1)

Last updated on OCTOBER 12, 2020

適用範囲:

Enterprise Manager Base Platform - バージョン 13.1.0.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2144976.1> (最終メジャー更新日: 2016年06月25日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

現象

Cloud Control 13c を使用時に Linux x86_64 で メモリー使用率 が正しく表示されず、メモリー使用率(%) のアラートが発生します。

メモリー使用率(%) メトリックはメトリック値の算出時に Buffers や Cache memory components available を考慮しません。

    


ホストターゲットの使用可能なメモリーの合計が PSU# 23030165 (Agent-Side 13.1.0.0.160429) を適用後正しく取得され表示されます。
メモリー使用量は (100.0 * (realMem-freeMem) / realMem) の計算式が使用され Buffers や Cache memory components available を考慮しません。この計算式は Cloud Control 13c で収集時に使用されます。

上記の meminfo では、メモリ使用率(%)は次のように計算されます。

100*(MemTotal - MemFree) / MemTotal = 100 * (14973552 - 550468) / 14973552 = 96%

これは、EM がホストターゲットのメインページのメモリ使用率表示に表示する内容と一致しています。

CachedコンポーネントとBuffersコンポーネントもアプリケーションで使用できるため、実際のメモリ使用率(%)は低くなり、次のように計算されます。

100*(MemTotal - MemFree - Buffers - Cached)/MemTotal = 100 * (14973552 - 550468 - 284460 - 8074660) / 14973552 = 40% 

 

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.