My Oracle Support Banner

EM12c: Enterprise Manager Cloud Control 12c Agent を削除する方法について (Doc ID 2201230.1)

Last updated on OCTOBER 29, 2017

適用範囲:

Enterprise Manager Base Platform - バージョン 12.1.0.1.0 から 12.1.0.3.0 [リリース 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1368088.1> (最終メジャー更新日: 2016年05月23日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

本文書では、Oracle Management Agent (管理エージェント) 12.1.0.1 - 12.1.0.3 を削除する方法について以下の点について説明します:


EM 12.1.0.4 以降の Agent を削除する方法については以下の文書をご参照下さい:
Note 1673394.1 EM 12c, EM 13c: Enterprise Manager Cloud Control Agent Removal Using AgentDeinstall.pl on the Target Host and Agent Decommission in the Console


EM 12c Agent のアンインストールや再インストールについて EM ユーザーや EM サポートと議論したい場合は EM MOS Communities を更新したり確認することが可能です:

対象

本文書では、Oracle Enterprise Manager Cloud Control 12c 及び Oracle Management Agent 12c をグラフィカルメソッド及びサイレントメソッドで削除する方法について説明します。OTN の Enterprise Manager 12c Advanced Installation Guide からも確認可能です。

 

Agent 12.1.0.3 を削除する最も望ましい方法は、以下の文書に記載の AgentDeinstall.pl を使用する方法です:

<Note 1593005.1> EM 12c: De-installing the Enterprise Manager 12.1.0.3 Cloud Control Management Agent with the AgentDeinstall.pl Script Method

AgentDeinstall.pl を使用すると、Agent 及び関連 Oracleホーム(sbin 及び plugin) を一度のアクションで削除します。

本文書の方法は、12.1.0.1 12.1.0.2 に適用されます。またその後のバージョンでの代わりの方法として使用可能です。

 

 

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.