My Oracle Support Banner

EM 12c, EM 13c: Enterprise Manager 12c and 13c よりクラスタ及びクラスタデータベース(RAC)ターゲットを検出する方法について (Doc ID 2201361.1)

Last updated on JULY 29, 2019

適用範囲:

Enterprise Manager for Oracle Database - バージョン 12.1.0.1.0 以降
Enterprise Manager Base Platform - バージョン 12.1.0.4.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1908635.1> (最終メジャー更新日: 2016年06月13日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

cluster database
RAC database

目的

Enterprise Manager 12c and 13c よりクラスタ及びクラスタデータベース(RAC)ターゲットを検出する方法について説明します。

シングルインスタンスデータベースや一般的なターゲットを検出する方法については、次の文書をご参照下さい。Note:1400463.1 "Understanding Database Discovery in Enterprise Manager Cloud Control"

クラスタ ASM ターゲットを検出する方法については、次の文書をご参照下さい。Note:1911671.1 "How to add a Cluster ASM target in Enterprise Manager Cloud Control"

 

Grid Infrastructure の Management Repository は Enterprise Manager Cloud Control 12c で監視すべきではありません。CRS により監視されており、その構成情報は mgmtca ユーティリティにより
管理されます。
MGMTLSNR ターゲットについても同じことがあてはまります。MGMTLSNR ターゲットは Enterprise Manager Cloud Control で監視すべきではありません。詳細については、Note:1933649.1 をご参照下さい。

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 導入
 a) クラスタターゲットとクラスタデータベースターゲットを自動検出の結果より昇格
 a1) 最初にクラスタターゲットを昇格します。
 a2) 次にクラスタデータベースターゲットを昇格します
 b) ガイド付きプロセスを使用したクラスタターゲットとクラスタデータベースターゲットの検出
 c) クラスタターゲットとクラスタデータベースターゲットの手動での検出
 d) emcli コマンドを使用したクラスタターゲット及びクラスタデータベースターゲットの検出
 e) 更なる情報について
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.