My Oracle Support Banner

13c: Enterprise Manager 13c Cloud Control で弱い SSL 暗号化アルゴリズムを無効化する方法について (Doc ID 2203262.1)

Last updated on JULY 30, 2019

適用範囲:

Enterprise Manager Base Platform - バージョン 13.1.0.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2138391.1> (最終メジャー更新日: 2016年08月27日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

本文書では、EM 13c OMS Agent 及び WLS にて、弱い SSL 暗号化アルゴリズムを無効化する方法について説明します。EM コンポーネントについて、弱い CBC モードの問題のレポートがセキュリティスキャンにより報告された場合や、EM コンソールへのアクセス、OMS と Agent の通信で 強度の SSL 暗号化アルゴリズムのみの使用を行いたい場合に本方法は有用です。

セキュリティの問題に対応する為、弱い SSL 暗号化アルゴリズムを無効化したい場合は以下の情報をご確認下さい。

1. スキャンレポートを収集し、問題が報告されたポートを確認します。
2. <EM INSTANCE HOME>/em/EMGC_OMS1/emgc.properties ファイルを確認し OEM のプロセスが実行されているポートを確認します。
3. 本文書で提供される解決策に従います。

 

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 
 
OMS
 Agent
 WLS
 OHS Admin Port(デフォルト port:9999)
 検証
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.