My Oracle Support Banner

12c Cloud Control EM CLI: 12c emcli (Enterprise Manager コマンドラインインターフェース)をインストール及びセットアップする方法 (Doc ID 2204259.1)

Last updated on NOVEMBER 16, 2016

適用範囲:

Enterprise Manager Base Platform - バージョン 12.1.0.1.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1369864.1> (最終メジャー更新日: 2016年10月13日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

本ドキュメントは 12c Cloud Control で Enterprise Manager コマンドラインインターフェース(emcli) をインストール、セットアップする方法について説明します。
EM CLI は、各種オペレーティングシステムのテキストベースのコンソール(シェル又はコマンドウィンドウ)より Enterprise Manager Cloud Control の機能にアクセスすることを可能にします。
SQL*Plus、OS シェル、Perl TCL 等のカスタムスクリプトより Enterprise Manager の機能を実行できるため、Enterprise Manager の機能をビジネスプロセスに統合することが容易になります。

EM CLI を使用すると、アラート、通知、ブラックアウト、グループ、ジョブ、ターゲットの管理等の Enterprise Manager Cloud Control コンソールベースの操作が可能です。シェル、バッチファイル、Perl、Tcl、PHP 等のスクリプトによりお客様のビジネスプロセスを提供する企業又はシステムの管理者により、EM CLI は使用されることを想定しています。オペレーティングシステムのコンソールより、会話的に EM CLI コマンドを使用することも可能です。

EM CLIは、Enterprise Managerのセキュリティおよびユーザー管理機能と完全に統合されているため、管理者は、Enterprise Manager Cloud Controlコンソールと同じセキュリティと機密保持性を備えた EM CLI を使用して操作を実行できます。

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 事前要件
 12c EM CLI をインストールするステップ
 12c EM CLI クライアントのセットアップ
 既知の問題:
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.