My Oracle Support Banner

Oracle Database 12.2のアラートログに TNS-12599 が出力される (Doc ID 2272554.1)

Last updated on JUNE 01, 2017

適用範囲:

Enterprise Manager Base Platform - バージョン 13.2.0.0.0 から 13.2.0.0.0 [リリース 13.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2270058.1> (最終メジャー更新日: 2017年05月31日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

Cloud Control 13.2 と Oracle Database 12.2の組み合わせで、Databaseのアラートログに
TNS-12599のメッセージが出力される場合があります。

- Oracle Database 12.2をリポジトリDBとした場合、DatabaseのアラートログにTNS-12599の
メッセージが大量に出力されます。

- Oracle Database 12.2が監視対象の場合、ターゲットDBの監視構成の画面で接続テスト
を実行すると、ターゲットDBのアラートログにTNS-12599エラーが出力されます。

出力例:

***********************************************************************

NI cryptographic checksum mismatch error: 12599.

VERSION INFORMATION:
TNS for Linux: Version 12.2.0.1.0 - Production
Oracle Bequeath NT Protocol Adapter for Linux: Version 12.2.0.1.0 - Production
TCP/IP NT Protocol Adapter for Linux: Version 12.2.0.1.0 - Production
Time: 11-5月 -2017 23:29:11
Tracing not turned on.
Tns error struct:
ns main err code: 12599

TNS-12599: TNS: チェックサムの不一致
ns secondary err code: 12656
nt main err code: 0
nt secondary err code: 0
nt OS err code: 0
***********************************************************************

 

 

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.