My Oracle Support Banner

Linux のうるう秒の追加で Enterprise Manager Management Agent 又は OMS が CPU を過度に使用する (Doc ID 2423748.1)

Last updated on JULY 19, 2019

適用範囲:

Enterprise Manager Base Platform - バージョン 10.2.0.5 から 10.2.0.5 [リリース 10.2]
Enterprise Manager Base Platform - バージョン 12.1.0.1.0 から 12.1.0.5.0 [リリース 12.1]
Enterprise Manager Base Platform - バージョン 11.1.0.1 から 11.1.0.1 [リリース 11.1]
Linux x86
Linux x86-64
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1472651.1> (最終メジャー更新日: 2018年04月05日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

本文書では、Oracle Enterprise Manager Management Agent 又は Oracle Management Service (OMS) が6月や12月末に多い、うるう秒のシステム時間への修正前後で、過度に CPU を使用する可能性があることを説明します。

対象

うるう秒の問題は、すべてのサポートされている Linux ディストリビューションで Enterprise Manager コンポーネントに影響がある可能性があります。

 

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.