My Oracle Support Banner

OBIEE 10g-12c: Windows環境でのクラッシュやハング時にADPlusでプロセスダンプを生成する手順 (Doc ID 1922388.1)

Last updated on JUNE 18, 2018

適用範囲:

Business Intelligence Server Enterprise Edition - バージョン 10.1.3.4.2 [2405] 以降
Business Intelligence Suite Enterprise Edition - バージョン 10.1.3.4.2 [2405] 以降
Microsoft Windows (32-bit)
Microsoft Windows x64 (64-bit)
本文書は英語で提供されている (最新更新日 2014年06月25日)を
翻訳したものです。ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

WindowsプラットフォームにおいてPresentation Services ( sawserver.exe )プロセスやBI Server ( nqsserver.exe )プロセスの
クラッシュが発生した場合、調査の為に追加の情報取得が必要になります。
Windowsプラットフォームにおけるプロセスのクラッシュやハングの調査においてMicrosoft社のADPlusが多く利用されます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 ADPlusはどこから入手/ダウンロード可能か?
 ADPlusはどのようなシステム要件か?
 ADPlusをBIEEの実行可能形式でどのように利用するか?

 どのようなファイルや情報をサポートに提供すればよいか?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.