My Oracle Support Banner

OBIEE 11g: スタック・スレッドやハングのトラブルシューティング (Doc ID 1938259.1)

Last updated on NOVEMBER 15, 2018

適用範囲:

Business Intelligence Server Enterprise Edition - バージョン 11.1.1.7.0 以降
Business Intelligence Suite Enterprise Edition - バージョン 11.1.1.7.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書は英語で提供されている (最新更新日 2014年10月01日)を
翻訳したものです。ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

 このドキュメントはOBIEE 11gでのスタック・スレッドのトラブルシューティングに役立つトラブルシューティング手順や方法について記載しています。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 スタック・スレッドとは何ですか?
 どのようなツールがトラブルシューティングに利用できるでしょうか?
 再現可能な発生要因となる分析を特定する:
 メトリックを監視する:
 すべてのログファイルを収集する -- どこで問題が発生しているかを特定するためにトランザクションをトレースする必要がある場合に役立ちます

 Weblogicスレッドダンプ
 実行中のプロセスの状態を把握するため pstackまたはそれに相当するコマンドを使用する:
 NQCMDを使用して分析からの論理SQLでBI Serverをテストする:
 
 スタック・スレッドはどうすれば回避することができますか?
 スタック・スレッドの事象やその解決方法の例:

 
 スタックしているスレッドの例:

参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.