My Oracle Support Banner

OBIEE 10g-12c: Linux / Unix上でのコア・ダンプやハング時のスタック・トレースを生成する手順 (Doc ID 1939916.1)

Last updated on MAY 13, 2018

適用範囲:

Business Intelligence Server Enterprise Edition - バージョン 10.1.3.4.2 [2405] から 12.2.1 Beta
Business Intelligence Suite Enterprise Edition - バージョン 10.1.3.4.2 [2405] から 12.2.1 Beta
Generic UNIX
Generic Linux
本文書は英語で提供されているDocument 1382369.1 (最新更新日 2018年4月27日)を
翻訳したものです。ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

本文章では、GDBを使用して、OBIEEシステム・コンポーネントのスタック・トレースを生成する方法のガイドラインを提供しています。  GDBは、ご使用のプラットフォームで利用可能な場合、詳細な出力によく使用されます。

OBIEEのクラッシュやハングをトラブルシューティングするため、コア・ファイルのスタック・トレースのデバッグ出力結果はオラクル・サポート/開発部門から要求される可能性があります。

注意:

Windowsでのクラッシュは ADPlusを使用してデバッグします。詳細は以下の Noteを参照してください: OBIEE 10g-12c: Windows環境でのクラッシュやハング時にADPlusでプロセスダンプを生成する手順 <Doc ID 1922388.1>

Javaがクラッシュした場合 javacore*.txtのようなファイルを生成しますが、これらにはGDBや他のデバッガにての分析は不要です。詳細は E-WL: <Document 659452.1> How to Create a Thread Dump with WebLogic Server 9.2 and 10.3 を参照してください。
OBIEEにおいて、javacore*.txtのようなファイルを生成可能な 3つのコンポーネントはWebLogic管理サーバ JVM と WebLogic管理対象サーバ (bi_serverX) JVM、JavaHostです。

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 コア・ファイルが生成できるように設定します
 コア・ファイルの生成場所を判断します:
 コア・ファイルを生成した実行ファイルを確認します:
 スタック・トレースを生成します:
 推奨方法:
 手動で実行する方法:
 OBIEE 10g
 OBIEE 11g
 
OBIEE 12c

 Generating a stack trace against an executable that is hanging, not crashing:
 

Using GDB:
 Strace alternative:
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.