My Oracle Support Banner

[Calculation Manager] 「保存済バージョンとの比較」が動作しない (Doc ID 2008620.1)

Last updated on APRIL 01, 2019

適用範囲:

Hyperion Planning - バージョン 11.1.2.3.500 から 11.1.2.3.501 [リリース 11.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

Calculation Manager において 「保存済バージョンとの比較」を実行すると、
現在の状態と保存済バージョンとの比較の結果が確認できます。

この機能を使用した後、再び「保存済バージョンとの比較」を実行すると、
現在の状態ではなく常に1回目に表示された比較の結果が表示されてしまいます。

 

手順
-------------------

  1. Workstation にログインする。
  2. ナビゲート > 管理 > Calculation Manager を起動する。
  3. ルールを選択して開く。
  4. スクリプトを編集する。
      例)
        FIX("FY14") -> FIX("FY15")
  5. 編集 > 保存済バージョンとの比較 を選択する。
  6. 「スクリプトの比較」 ダイアグラム が表示される。
      例)
        保存済スクリプト        変更済スクリプト
        FIX("FY14")      ->  FIX("FY15")
     
      この時の結果は正しい。

  7. 再度、スクリプトを編集する。
      例)
        FIX("FY15") -> FIX("FY16")

  8. 編集 > 保存済バージョンとの比較 を選択する。
  9. 「スクリプトの比較」 ダイアグラム が表示される。
      例)
        保存済スクリプト        変更済スクリプト
        FIX("FY14")      ->  FIX("FY15")
     
      正しくは、

        FIX("FY14")      ->  FIX("FY16")
       とならないといけないが、最初の比較結果が表示されてしまう。

 

 

 

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.