My Oracle Support Banner

[OBI11g] 2016年1月以降の使用状況トラッキング テーブル S_ETL_DAY 及び S_ETL_TIME_DAY のデータの拡張方法 (Doc ID 2100092.1)

Last updated on MAY 08, 2018

適用範囲:

Business Intelligence Suite Enterprise Edition - バージョン 11.1.1.7.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

使用状況トラッキング テーブルには、2016年1月1日までのデータしかありません。2016年1月以降は、テーブル S_ETL_DAY と S_ETL_TIME_DAYの日付データを拡張する必要があります。

本文書は、2016年1月以降の使用状況トラッキングの為のデータの拡張方法について説明します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.