My Oracle Support Banner

[OBI11g] UNION分析のピボット表で計算式を使用したメジャーの合計が不正な数値となる (Doc ID 2112408.1)

Last updated on JUNE 27, 2018

適用範囲:

Business Intelligence Server Enterprise Edition - バージョン 10.1.3.4.1 [1900] から 11.1.1.9.160419
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

Oracle Business Intelligence (OBIEE) 10.1.3.4.x. もしくは 11g において、
3つの分析をUNION(「union、intersection、および異なる演算子に基づいた結果を結合します。」)し、1つの分析を分析を作成しました。

ピボット表で、「式の編集」を使用したメジャー(式は、管理ツールのビジネス・モデルとマッピング層で作成)の合計値が不正な数値で表示されます。
全ての値の合計ではなく、最初の値が表示されます。

集計ルールを変更する回避策を試そうとした場合、UNIONの分析では、「基準」タブの「結果列」において 計算式を使用したメジャーの"集計ルール"は表示されません。
ピボットで UNION 利用時に集計を使用する場合は、「結果」タブで、明示的に集計ルールを指定する必要があります。

「結果」タブでピボット表の編集アイコン(鉛筆)をクリックします。
計算式を使用したメジャーの詳細オプションをクリックし、集計ルールを「デフォルト」ではなく「合計」を選択します。
合計値が正しく表示されます。

また、「基準」タブの各基準(基準"サブジェクト・エリア名")で、メジャー列の「式の編集」から集計ルールを変更(<Note 540371.1>を 参照)しても、UNION分析の為合計値は変更されません。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.