My Oracle Support Banner

[OBI11g] ピボット表のパレート・グラフで「データ・ラベルの表示:常時」とした場合、線のデータマーカー値(パーセンテージの累計)が不正となる (Doc ID 2112754.1)

Last updated on JANUARY 31, 2017

適用範囲:

Business Intelligence Server Enterprise Edition - バージョン 11.1.1.7.150714 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

ピボット表ビューでパレート・グラフを使用しています。
グラフのプロパティ > タイトルとラベル > データ・マーカー > 表示オプション で「データ・ラベルの表示: 常時」に設定しようとしています。

下記ドキュメントの記載より、ピボット表ビューのパレート・グラフの折れ線(データ・ラベル)は、パーセンテージの累計が表示されるべきです。
--------------------------------------------
「Oracle Fusion Middleware Oracle Business Intelligence Enterprise Editionユーザーズ・ガイド 11g リリース1 (11.1.1)」
使用可能なグラフのタイプ
表3-2 グラフのタイプ
 <一部抜粋>
 パレート・グラフ
  基準を降順に表示する棒グラフと折れ線グラフの形式です。
  このグラフ・タイプでは、折れ線はパーセンテージの累計を示します。
--------------------------------------------

しかし、「データ・ラベルの表示: 常時」を選択した場合、ピボット表ビューのパレート・グラフの折れ線(データ・ラベル)が不正なパーセンテージで表示されます。

SampleSalesLiteを使用した再現手順は以下の通りです;
1. BIEEにログインします。
2. 新規 > 分析 で Sample Sales Liteを選択します。
3. 基準タブで以下の列を配置します。
  - 列[[Per Name Year](列式の編集: "Time"."Per Name Year" )
  - 列[[Brand](列式の編集: "Products"."Brand" )
  - 列[[LOB](列式の編集: "Products"."LOB" )
  - 列[[Product Type](列式の編集: "Products"."Product Type" )
  - 列[[Revenue](列式の編集: "Base Facts"."Revenue")
  - 列[[Revenue%](列式の編集: "Base Facts"."Revenue")
     * 列見出し を "Revenue" から "Revenue%"に変更します。


4. 結果タブに移動します。
5. ピボット表ビューを追加し、以下のように配置します。
  - セクション
     列[Per Name Year]
     列[Brand]
  - 行
     列[LOB]
     列[Product Type]
  - メジャー
     列[Revenue]
     列[Revenue%] (* 詳細オプション > データの表示形式 > パーセント > 列 を選択)


6. "グラフのピボット結果" ボタンを押下し、"パレート" グラフを選択します。


7. グラフのプロパティ > タイトルとラベル > データ・マーカー > 表示オプションで、「データ・ラベルの表示: 常時」を選択します。

             


8. 分析を保存し、結果を確認します。
   ピボット表ビューのパレート・グラフの折れ線(データ・ラベル)が不正なパーセンテージで表示されます。
   例;
   - セクション: "2008  BizTech"
     折れ線(データ・ラベル)の不正なパーセンテージは以下の通りです;
      47.09%  74.19%  100%  112.48%
     期待するパーセンテージは以下の通りです;
      34.62%  61.72%  87.52%  100%




 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.