My Oracle Support Banner

取扱に注意を要する内容を削除するためにオラクル社のツールやユーティリティからの出力を編集する方法 (Doc ID 2442925.1)

Last updated on FEBRUARY 06, 2020

適用範囲:

OSS Support Tools - バージョン 12.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

このドキュメントはオラクル社のユーティリティとツールからの出力の種類を一覧表示しています。

診断から解決のプロセスの一部として、オラクル社のユーティリティとツールは稼動しているシステムから製造物のデータを収集することがあります。

このドキュメントは、それらのユーティリティやツールからの出力の種類を一覧表示しています。そしてサービス・リクエスト(SR)の診断から解決にあたり、顧客がファイルを送信する前に、オラクル・グローバル・カスタマ・サポート(GCS)に開示したくない、取扱に注意を要するデータを削除するためにその出力を編集する方法を説明しています。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 その他のドキュメントと情報源
 CCM (Documaker 製品)
 IGBU内のCCMおよび準拠品(IStream suiteおよびTracker製品)
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.