My Oracle Support Banner

E1: 09: 一般会計システムの自動仕訳(AAI)の概要(P0012) (Doc ID 1983614.1)

Last updated on JULY 30, 2020

適用範囲:

JD Edwards EnterpriseOne General Ledger - バージョン XE 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

本文書は、インフォメーション・センターの一部で、一般会計における基本の設定、または多通貨設定に関連する情報を参照するためのものです。以下のリンクもご活用ください。

Information Center: JD Edwards EnterpriseOne General Accounting Product  > Information Center: Using the JD Edwards EnterpriseOne General Accounting Product > Core Processes > Setup > Doc ID 664682.1


Information Center: JD Edwards EnterpriseOne General Accounting Product  > Information Center: Using the JD Edwards EnterpriseOne General Accounting Product > MultiCurrency > MultiCurrency Setup > Doc ID 664682.1

本文書では、一般会計モジュールにおけるの自動仕訳(AAI)の概要、必須条件、およびAAIの設定方法についてご紹介しています。

対象

本文書は一般会計システムの自動仕訳(AAI)の設定を行う、会計機能ユーザーを対象としています。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 AAIの理解
 一般勘定科目 (GLGxx)
 繰越利益の勘定科目 (GLG4)の設定で考慮すべき点
 財務諸表合計について (FSxx)
 概要
 AAI項目FSxxの設定
 AAI項目FS99
 小計/合計に行を印刷する
 中間合計のある会計レポート
 勘定集計(GLSMxx)
 調整可能範囲 (GLRCxx)
 前年度の勘定科目の除去 (GLPRxx)
 スピード・コード (SPx)
 多通貨環境におけるAAI
 通貨銀行勘定における未実現為替差損益 (GVxxx, GWxxx, GRxxx)
 通貨別勘定残高の転記 (PBCxx)
 多通貨の会社間決済 (ICCC および ICH)
 詳細再換算 (CRxx, CR)
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.