My Oracle Support Banner

E1: SVM: Logging for Interactive Application in Server Manager - Japanese (Doc ID 2370267.1)

Last updated on FEBRUARY 05, 2020

適用範囲:

JD Edwards EnterpriseOne Tools - バージョン 8.98 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

JASログとEnterpriseサーバーのCall ObjectカーネルのjdedebugログをServer Managerの管理コンソールで記録して表示するための手順はどのようにおこないますか。

このナレッジ・ドキュメントは、JD Edwards EnterpriseOne Server Managerの管理対象インスタンスのログへのアクセスとデバッグ、および変更/作成の基本について案内するためのものです。
添付されたナレッジ情報はServer Managerガイドの代わりとして用意されたものではなく、Server Managerの管理対象インスタンのログへのアクセスと変更/作成の理解を深めるための情報となります。

Tools 9.1のServer Manager Guideについては、 JD Edwards EnterpriseOne Installation and Upgrade Documentation Release 9.1 の[Installation]タブを参照してください。

対象

Toolsリリース・レベル 8.97以降のServer Managerを使用しているお客様を対象としています。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 Server Managerで対話型アプリケーションのログを有効にする方法
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.