My Oracle Support Banner

Oracle Fusion Middleware 11g と WebLogic コンポーネントバージョンの確認方法について (Doc ID 1548546.1)

Last updated on OCTOBER 01, 2020

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 10.3.1 から 10.3.6
Oracle Fusion Middleware - バージョン 11.1.1.0.0 から 11.1.2.3.0 [リリース Oracle11g]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

本文書は、インストールされたFusion Middlewareコンポーネントのバージョンを確認する方法を説明します。以下のテーブルでは同じMiddlewareホームでの、主なFusion Middleware 製品をの組み合わせについて記載しています:

 

WebLogic Server
(MW_HOME/wlserver_10.3)
Repository Creation Utility
(RCU - DB Schemas)

FMW Products
(ORACLE_HOME)

JDev / ADF / JRF (MW_HOME/oracle_common)
10.3.6

11.1.1.9 /11.1.2.3

11.1.1.9 /11.1.2.3

11.1.1.9
10.3.6

11.1.1.7 / 11.1.2.2

11.1.1.7 / 11.1.2.2

11.1.1.7
10.3.6

11.1.1.7 / 11.1.1.8

11.1.1.7 / 11.1.1.8

11.1.1.7
10.3.6

11.1.1.6 / 11.1.2.1

11.1.1.6 / 11.1.2.1

11.1.1.6
10.3.5

11.1.1.5 /11.1.2.0

11.1.1.5 /11.1.2.0

11.1.1.5
10.3.4 11.1.1.4 11.1.1.4 11.1.1.4
10.3.3 11.1.1.3 11.1.1.3 11.1.1.3
10.3.2 11.1.1.2 11.1.1.2 11.1.1.2
10.3.1 11.1.1.1 11.1.1.1 11.1.1.1

 

参考 :  
<Note 1991200.1> MiddlewareホームやOracleホームにインストールされている製品の確認方法について

<Note 2113018.1> Understanding WebLogic Server 11g and Higher Version Numbers


重要:

サーティファイと互換性について確認する場合、以下のドキュメントをご覧ください。:

 

通常, どのようなバージョンがインストールされるかはインストーラーに依存します。しかし、以下にあるようにすべての場合に当てはまるわけではありません:

<Bug 12722631> RESTORE OLD INSTALLER FUNCTIONALITY TO SHOW "INSTALLED PRODUCTS..."

このドキュメントでは、WLSと FMW製品のバージョンを手動で確認する方法を説明します。なお、手動でコマンドを実行する場合、オラクルホームといった環境変数を設定します。こちらについて、管理者ガイドの情報を参考に、ご自身の環境をご確認ください。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.