My Oracle Support Banner

Solaris SPARC 10 環境でアップグレード・アシスタント(UA)の起動が java.lang.InternalError: Can't connect to X11 window server using '<HOSTNAME>:11.0' as the value of the DISPLAY variable で失敗する (Doc ID 1623886.1)

Last updated on FEBRUARY 27, 2019

適用範囲:

Oracle Fusion Middleware - バージョン 11.1.1.2.0 以降
Oracle Solaris on SPARC (64-bit)

現象

本記事は Oracle Application Server 10.1.2.3.0 BI & Forms 中間層の Fusion Middleware 11g へのアップグレードに際しての現象についての記述です。

Oracle Application Server 10.1.2.3.0 BI & Forms および Fusion Middleware Portal, Forms, Reports, Discoverer 11.1.1.6.0 のインストールは、同一マシン上で行われています。

OS を Solaris SPARC 10 64-bit Upgrade 8 から Upgrade 10 にアップグレードしました。

アップグレード・アシスタント スクリプト $ORACLE_HOME/bin/ua を利用して構成のアップグレードを実施した時に、次のエラーがスクリーン上に返されました。

このエラーは、アップグレード・アシスタントの実行で発生しましたが、Portal, Forms, Reports, Discoverer 11.1.1.6.0 環境の構成では再現しませんでした。

同じエラーが アップグレード・アシスタント スクリプト $ORACLE_HOME/bin/ua 実行時に生成されたTRUSS ファイルでも確認できます。

 

変更点

Solaris SPARC 10 update 8 環境に 2013年2月6日にリリースされた Solaris SPARC 10 update 10 を適用した。
Kernel ver. 147147-26: (147440-12 からの変更)
(SunOS monty 5.10 Generic_147147-26 sun4u sparc SUNW,Sun-Fire-V440)

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.