My Oracle Support Banner

索引付け完了直後の自動更新サイクルでファイルキャッシュ上のファイルを削除する方法について (Doc ID 1675375.1)

Last updated on MAY 22, 2020

適用範囲:

Oracle WebCenter Content - バージョン 10.0 から 11.1.1.6.0 [リリース 10gR3 から 11g]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

索引の自動更新の際には、コンテンツがFileStoreProviderを利用してデータベースに格納されている場合、weblayoutあるいはvault内のファイルキャッシュ上に、索引付け対象のコンテンツの内容を含むファイルを生成します。

これらの一時ファイルは、File Store Provider Admin Guideで説明されている通り、FsMinimumFileCacheAgeのデフォルト値である7日後に削除されます。

10g マニュアル

Oracle Universal Content Management
File Store Provider Installation and Administration Guide
10g Release 3 (10.1.3.3.1)
-> 3. Configuration
-> Using Standard File Store Provider Variables
-> Database Options

http://download.oracle.com/docs/cd/E10316_01/cs/cs_doc_10/documentation/admin/admin_FS_provider_10en.pdf -

 

11g マニュアル

Oracle Fusion Middleware System Administrator's Guide for Content Server
11g Release 1 (11.1.1)
Part Number E10792-01
-> 3 Managing System Settings and Processes
-> 3.5 Configuring a File Store System
-> 3.5.2 Configuring File Store Provider
-> 3.5.2.1 Using Standard Content Server Variables
-> 3.5.2.1.1 Database Options

http://docs.oracle.com/cd/E14571_01/doc.1111/e10792/c02_settings005.htm#BEIBIEHJ


このFsMinimumFileCacheAgeは、より小さい値(例:1日)に設定することは可能ですが、1日に設定した場合でも、24時間中に索引付けされた全てのコンテンツの一時ファイルが削除されないことで、ファイルシステムが枯渇する原因となり得ます。

本文書では、Content Serverに、索引付けの直後にキャッシュファイルを削除させることにより、ファイルキャッシュのサイズを最小化する方法をご案内します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.