My Oracle Support Banner

Solaris 2.x OS環境: システムヘッダファイルやmakeユーティリティが見つからない (Doc ID 1902006.1)

Last updated on AUGUST 23, 2016

適用範囲:

Oracle Solaris Studio - バージョン Sun Studio 9 以降
All Platforms

現象

Solaris[TM] 10 もしくはそれ以前のバージョンにインストール後、バンドルされていないコンパイラ (例:/opt/SUNWspro/prod/bin/cc, /opt/SUNWspro/prod/bin/CC)のDevelopment Tools、もしくはバンドルされているDevelopment ユーティリティ (例: make, sccs, ar, lex) を使用すると、以下のいずれか、もしくは複数の問題が発生する:

1. 何等かのプログラムをコンパイルするとシステムヘッダファイルが見つからない、というエラーが発生する。

2. make ユーティリティを使用すると、makeコマンドが見つからない、というエラーが発生したり、類似のエラーが他のバンドルされているDevelopment Tools(/usr/ccs/binに配置されている)で発生する。

3. コンパイルの診断でライブラリが見つからないと警告される

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.