My Oracle Support Banner

アプリケーションサーバーのトラブルシューティングに関するヒント (Doc ID 1933492.1)

Last updated on OCTOBER 24, 2018

適用範囲:

Oracle GlassFish Server - バージョン 7.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***Checked for relevance on 02-Aug-2012***

目的

このドキュメントはApplication Serverの問題をトラブルシューティングするにあたって妨害となる、幾つかの製品特有ではない問題について説明しています。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 製品ドキュメント
 情報収集に関する共通の問題
 アプリケーションサーバ インスタンスのプロセスIDの判定
 コアファイルが生成されない
 初期設定確認
 coreadmでの収集
 
coreadm設定は正しいが、アプリケーションサーバーでSSLを使用している為にcoreファイルが生成されない
 Javaスレッドダンプが"kill -3"、"kill -QUIT"および"Ctrl + \"を使用してコントロール ブレークを送信しても生成されません。
 Java 特有の理由によりCoreダンプが生成されない
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.