My Oracle Support Banner

Managed Coherence Server の 強制停止とサーバライフサイクルタイムアウトについて (Doc ID 1966524.1)

Last updated on FEBRUARY 03, 2019

適用範囲:

Oracle Coherence - バージョン 12.1.3.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

WebLogic Server の強制停止機能は即時で行われ、現在実行中のすべてのアプリケーション処理を中断します。強制停止は、サーバのどの状態からも実行されます。

何らかの問題により強制停止が失敗した場合、サーバは ServerMBean の ServerLifecycleTimeoutVal で指定されたタイムアウト時間が経過した後、

以下のメッセージとともに、直ちに終了します。

Managed Coherence Server は、シャットダウン中に、パーティションの再分散を行います。同時に複数のキャッシュサーバの強制停止がタイムアウトした場合、

状況によってパーティションのロストを引き起こす可能性があります。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.