My Oracle Support Banner

WebLogic Server サポート パターン Too Many Open Files の調査 (Doc ID 1984104.1)

Last updated on AUGUST 13, 2020

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 6.1 以降
Oracle Commerce Platform - バージョン 11.1 から 11.1 [リリース 11]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

このドキュメントでは too many open files という JAVA 例外が報告された場合、ファイル記述子の数を減少する方法を紹介しています。

 

問題の説明

次の 2 つのスタック トレースでは、同じ問題が示され、"Too many open files" という同じメッセージが報告されています。

例外 1

java.net.SocketException: Too many open files
at java.net.PlainSocketImpl.accept(Compiled Code)
at java.net.ServerSocket.implAccept(Compiled Code)
at java.net.ServerSocket.accept(Compiled Code)
at weblogic.t3.srvr.ListenThread.run(Compiled Code)

例外 2

java.io.IOException: Too many open files
at java.lang.UNIXProcess.forkAndExec(Native Method)
at java.lang.UNIXProcess.(UNIXProcess.java:54)
at java.lang.UNIXProcess.forkAndExec(Native Method)
at java.lang.UNIXProcess.(UNIXProcess.java:54)
at java.lang.Runtime.execInternal(Native Method)
at java.lang.Runtime.exec(Runtime.java:551)
at java.lang.Runtime.exec(Runtime.java:477)
at java.lang.Runtime.exec(Runtime.java:443)

例外 3

 

例外 1 は、エラーが原因で下層の TCP プロトコルに影響があった場合にスローされます。例外 2 は、エラーが原因で入出力操作に影響があった場合にスローされます。

これらは両方とも同様の原因がもとでサーバがブロックされた結果、スローされるものです。この調査方法について、次に説明します。

問題のトラブルシューティング

注: 次に示す項目は、必ずしもすべて実行する必要はありません。問題によっては、いくつかの項目を実行するだけで解決するものもあります。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 問題の説明
 問題のトラブルシューティング
トラブルシューティングの手順
 問題の原因
 ファイル記述子の監視
 解決方法のガイドライン
 開いているファイルの確認
 Unix プラットフォーム
 Windows プラットフォーム
 ファイル記述子が解放される方法とタイミング
 ファイル記述子と設定
 ファイル記述子について
 ファイル記述子が作成される方法
 各種プラットフォームでのファイル記述子の数の定義方法
 Solaris
 Linux
 Windows
 HP-UX
 AIX
 既知の WebLogic Server に関する問題
 さらにサポートが必要な場合
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.