My Oracle Support Banner

WebLogic Server サポート パターン サーバ ハング - アプリケーションのデッドロック (Doc ID 1991149.1)

Last updated on OCTOBER 22, 2018

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 8.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***Checked for relevance on 24-Oct-2013***

目的

問題の説明

アプリケーション コードで意図せずデッドロックが発生し、これが原因でサーバがハングすることがあります。たとえば、スレッ ド 1 がリソース 2 をロックしたままリソース 1 を待機している一方で、スレッド 2 がリソース 1 をロックしたままリソース 2 を待機している場合は、どちらのスレッドでも処理を進めることができません。

問題のトラブルシューティング

このアプリケーションのデッドロック パターンを使用する前に、必ず「一般的なサーバ ハング」パターンに記載されているすべての手順を完了してください。問題がアプリケーションのデッドロックに関するものであるかどうかを判断する方法の 1 つは、スレッド ダンプにおいて、スレッドがアプリケーション メソッド内にないかどうかを確認することです。数秒間隔でいくつかのスレッド ダンプを取得すると、スレッドの処理が進んでいないことが確認されます。この問題のトラブルシューティングでは、アプリケーション コードを見直す必要があります。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 問題の説明
 問題のトラブルシューティング
トラブルシューティングの手順
 問題の原因
 アプリケーションの設計
 外部リソース
 さらにサポートが必要な場合
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.