My Oracle Support Banner

WebLogic Server サポート パターン マルチキャスト エラー (Doc ID 1992570.1)

Last updated on JANUARY 23, 2018

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 6.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***Checked for relevance on 3-Nov-2014***

目的

このドキュメントは、マルチキャスト通信に関連する問題を解決する方法について説明しているサポートパターンです。

問題の説明

BEA WebLogic Server でマルチキャストを使用すると、WebLogic Server インスタンスでのリスンやメッセージ受信に問題が起こったり、インスタンスの全般的な動作が正常に行われません。

注:
WebLogic Server 10.0 以降では、クラスタ内の通信にマルチキャスト通信ではなくユニキャスト通信の使用を推奨しています。マルチキャストは、WebLogic Serverの以前のリリースとの下位互換性を維持するために使用してください。詳細は クラスタでの通信 を参照してください。このサポートパターンはマルチキャストの問題に焦点を置いています。

問題のトラブルシューティング

注: 次に示す項目は、必ずしもすべて実行する必要はありません。問題によっては、いくつかの項目を実行するだけで解決するものもあります。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 問題の説明
 問題のトラブルシューティング
トラブルシューティングの手順
 問題の原因
 マルチキャスト アドレスやポートに関する問題
 アドレス共有における物理的な問題
 IP アドレスの重複
 マルチキャスト通信や通信エラーの検証
 ファイル記述子に関する問題
 nsswitch コンフィグレーション
 マルチキャストのタイムアウト
 クラスタのハートビートに関する問題
 クラスタのマルチキャスト ストームに関する問題
 ケース例:
 マルチキャスト ストームの詳細:
 マルチキャストのバッファ サイズのコンフィグレーション:
 マルチホーミングのコンフィグレーション
 AIX 固有の問題
 参考情報
 マルチキャストのデバッグ
 デバッグ フラグ
 マルチキャストのデバッグ
 確認済みの問題
 さらにサポートが必要な場合
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.