My Oracle Support Banner

WebLogic Server サポート パターン ノードマネージャの SSL の構成および問題のトラブルシューティング (Doc ID 1998985.1)

Last updated on AUGUST 31, 2020

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 6.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

このドキュメントは、SSLセキュリティが正しく構成されていないことが原因で発生するノード・マネージャの起動の失敗をトラブルシューティングして解決する方法を説明するサポート・パターンです。

問題の説明

ノード・マネージャを使用する管理対象サーバーが、証明書を使用する場合は起動しません。

問題のトラブルシューティング

次の項目をすべて実行する必要はないことに注意してください。問題の中には、一部の項目の実行のみで解決されるものがあります。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 問題の説明
 問題のトラブルシューティング
トラブルシューティングの手順
 問題が発生する理由
 ノード・マネージャを使用した管理対象サーバの起動で証明書が必要な理由
 自己署名証明書を作成してキーストアを構成する方法
 自己署名証明書を作成する手順
 Verisignなどの外部の認証局から証明書を取得するための手順
 非標準の中間証明書とルート証明書を持ったサーバ証明書を取得する手順
 CertGenを使用して自己署名証明書を作成する手順(これは8.1 SP4以上、つまり、
8.1SP6、9.2MP4、10.0MP2、10.3.4、10.3.5以降のリリースで利用できます)
 ノード・マネージャの設定
 管理サーバの設定
 ノード・マネージャのSSLに関する問題のトラブルシューティング・チェックリスト
 一般的な問題と解決策
 ホスト名の検証(ノード・マネージャ・ログ)
 不完全な証明書チェーン(管理サーバ ログ)
 管理対象サーバが管理サーバからのコマンドを受信したのに起動しない
 ノード・マネージャ例外(管理サーバ ログ)
 BEA-000342 (管理対象サーバ ログ)
 日付検証例外(管理サーバ ログ)
 参考資料
 既知の問題
 さらにサポートが必要な場合
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.