My Oracle Support Banner

WebLogic Server サポート パターン JDBC に関する問題の調査 (Doc ID 1999329.1)

Last updated on JANUARY 08, 2018

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 9.0 以降
JDBC - バージョン 10.1.0.4 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

問題の説明

データベース関連のアプリケーション・コード、Weblogicデータソース/プーリング、ドライバ、DBMSおよびネットワークに関するすべての問題を、慣習的にJDBCの問題と呼びます。

問題のトラブルシューティング

このパターンでは、トラブルシューティングのヒントを提供し、JDBCの問題がどこにあるかを絞り込む方法を習得することを目的としています。この問題を理解することが、そのデバッグと解決の鍵となります。このドキュメントでは、次のトピックについて説明します。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 問題の説明
 問題のトラブルシューティング
トラブルシューティングの手順
 JDBCデータソース/プーリングの問題
 JDBCDataSource.getConnection()の実行時におけるResourceException (weblogic.common.ResourceException: No resources available)
 RDBMSまたはネットワークのパフォーマンスが悪いため、基底のデータベースへの接続リクエストを送信すると、WebLogic Serverの起動時間が非常に長くなる
 データベース停止後の接続のリフレッシュ/再接続に関する問題
 データベースの問題
 Oracleデータベースにオープン・カーソルが多すぎる
 getVendorConnection()を呼び出すと、アプリケーションで使用されるたびに物理接続が自動的にリフレッシュされる(RemoveInfectedConnections="true"の場合)
 WebLogic Serverの問題
 ネイティブJDBCドライバ・ライブラリが原因でWebLogic Serverがクラッシュする
 WebLogic ServerまたはアプリケーションがJDBCドライバ・メソッドまたは関数でハングする
 JDBCオブジェクトのメモリー・リークは、OutOfMemoryエラーまたはプロセスのサイズ増加を引き起こす
 一般的なトピック
 JDBCのデバッグまたはトレースによるJDBCの問題のトラブルシューティング
 本番環境のJDBC接続プールをチューニングする方法
 WebLogic ServerおよびOracle RAC/TAF
 既知の問題
 さらにサポートが必要な場合
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.