My Oracle Support Banner

WebLogic Server サポート パターン CLOB/BLOBデータ型の処理に関する問題 (Doc ID 2000337.1)

Last updated on AUGUST 21, 2020

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 10.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***Checked for relevance on 10-Aug-2015***

目的

問題の説明

JDBC 3.0/4.0仕様をサポートするWebLogic Serverバージョンでは、BLOB (Binary Large Object)とCLOB (Character Large Object)のデータ型をサポートしています。これらのデータ型は、Oracle DBバージョン8以上のリリースで使用可能です。SybaseおよびMS SQL Serverデータベースでは、これらのデータ型をネイティブ・サポートしていませんが、特定のSybaseおよびSQL Serverドライバ(Datadirectなど)では、SybaseおよびMS SQL Server用にBLOB/CLOBデータ型の読取りサポートと書込みサポートを両方とも提供しています。前述のデータ型に対して不適切なプログラミング手法を使用すると、多くの問題が発生する可能性があります。また、WebLogic Serverをあるバージョンから別のバージョンに移行する際に、データベース・ドライバのAPIに対して変更を加えると、コードの互換性がなくなる可能性があります。これらの問題に関する複数の事例が報告されています。

問題のトラブルシューティング

このパターンでは、CLOB/BLOBの問題をOracleデータベースを使用してトラブルシューティングする際に従うことができる一般的な方法を示します。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 問題の説明
 問題のトラブルシューティング
トラブルシューティングの手順
 問題が発生する理由
 推奨されるプログラミング手法
 WLS 10.3.6以上
 WLS 10.3
 BLOBデータ型を挿入/更新する方法
 BLOBデータ型を読み取る方法
 CLOBデータ型を挿入/更新する方法
 CLOBフィールドの初期化
 CLOBデータ型を読み取る方法
 WLS 9.2およびWLS 8.1:
 WebLogic Serverのアップグレードに伴うアプリケーションの移行
 データベース・ドライバ
 確認済みの問題
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.