My Oracle Support Banner

WebLogic Server サポート パターン 保留中の JMS メッセージのトラブルシューティング (Doc ID 2006738.1)

Last updated on DECEMBER 11, 2017

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 8.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***Checked for relevance on 3-Nov-2014***

目的

このドキュメントでは、保留中のJMSメッセージに関する問題のトラブルシューティングを行って修正する方法について説明します。

問題の説明

このパターンでは、保留中のJMSメッセージの解明を試みます。まず、JMSメッセージがいつ、どうして保留中になったかを示します。次に、保留中のメッセージ数が増加する一般的な原因と、その問題を診断、デバッグおよび解決する方法について説明します。

問題のトラブルシューティング

次の項目をすべて実行する必要はないことに注意してください。問題の中には、一部の項目の実行のみで解決されるものがあります。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 問題の説明
 問題のトラブルシューティング
トラブルシューティングの手順
 保留中のメッセージとは何ですか
 保留中のメッセージによる悪影響はありますか
 保留中のメッセージのモニタリング
 問題が発生する理由とそのトラブルシューティング方法
 保留中のメッセージに関する追加情報
 デバッグ情報
 さらにサポートが必要な場合
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.