My Oracle Support Banner

FMW 11g と 12c/14c 間の動作保証と互換性 - WLS プロキシ プラグイン, OHS, OID および OAM (Doc ID 2070404.1)

Last updated on SEPTEMBER 24, 2020

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 10.3 以降
Oracle HTTP Server - バージョン 11.1.1.2.0 以降
Oracle Fusion Middleware - バージョン 11.1.1.2.0 以降
Oracle Access Manager - バージョン 11.1.1.5.0 以降
Oracle Internet Directory - バージョン 11.1.1.2.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

詳細

このドキュメントでは、FMW 14c,12cおよび11g製品が一緒にリストされている場合のOracle WebLogic Server(WLS)およびOracle Fusion Middleware(FMW)動作保証ガイドの目的を明確にします。 主に、説明が必要な2つの混乱する領域があります。

アクション

動作保証の確認

動作保証の意図を理解するために、動作保証ガイドのどの部分を確認するか(例 11.1.1, 11.1.2, 12.1.3, 12.2.1.4, 14.1.1 またはより新しいバージョン)に注意してください。もし、二つのリリースを同時に利用する場合は、内容が異なる(相互に一致しない)場合があるので、両方のリリースについてチェックを行ってください。新しい動作保証は古いバージョンを考慮していますが、過去のテストや過去に記述された動作保証は新しいバージョンを考慮していないことに注意してください。サポートされるユースケースを理解する手助けになります。以下は、個々の動作保証マトリックスの場所になります。

Oracle Fusion Middleware 動作保証ハブ
http://www.oracle.com/technetwork/middleware/ias/downloads/fusion-certification-100350.html

- 動作保証情報は My Oracle Support https://support.oracle.com の 動作保証タブ でも確認できます。

たとえば、WLS または FMW 12c の動作保証をみる場合、OHS, OID や OAM 11g (11.1.1 および、または 11.1.2) が WLS 12c で動作保証されているかどうかを確認しないことがあります。しかし、FMW 11g の動作保証を確認することが重要です。11g 製品とサポートされた 12c リリースでは、11g がリストされていないことがあります。したがって、WLS 12c の 11g 製品との動作保証やその逆もまた同じです。

動作保証確認のキー・ポイント

動作保証されている特定のケースと、デザインによって互換性があると思われる特定のケースがありますので特に注意が必要です。

相互運用性と互換性

FMW 12.1.x の相互運用性と互換性ガイドは、意図を明確にするための詳細情報をそれぞれのリリースについて提供します。(12.2.1.3)


相互運用性および互換性の理解

WebLogic Server Compatibility (WLS 14.1.1 standalone)

https://docs.oracle.com/en/middleware/fusion-middleware/12.2.1.4/intop/index.html (12.2.1.4)

https://docs.oracle.com/en/middleware/fusion-middleware/12.2.1.3/intop/toc.htm (12.2.1.3)

https://docs.oracle.com/cd/E84527_01/lcm/INTOP/toc.htm (12.2.1.2)

https://docs.oracle.com/cd/E80149_01/lcm/INTOP/toc.htm (12.2.1.1)

http://docs.oracle.com/cd/E72987_01/core/INTOP/toc.htm (12.2.1.0)

http://docs.oracle.com/cd/E57014_01/core/INTOP/toc.htm (12.1.3)

http://docs.oracle.com/cd/E50629_01/core/INTOP/toc.htm (12.1.2)

スタンドアロンのWLS14.1.1を除く、FMW製品間は以下の章を参照してください。

2.2 Oracle WebLogic ServerおよびOracle Coherenceの以前のリリースとの互換性
2.3 Oracle Fusion Middleware Infrastructureの以前のリリースとの互換性
2.4 Oracle HTTP Serverの相互運用性および互換性
2.6 Oracle Identity Management製品との相互運用性

 

 

Oracle WebLogic Server Proxy プラグイン

Oracle WebLogic Server Proxy プラグイン は Apache HTTP サーバ、Oracle iPlanet Web Serverや Microsoft Internet Information Server (IIS) のようなサード・パーティーの Web サーバの特定のリストと動作する proxy プラグイン モジュール のことです。WebLogic Server とは別にダウンロード可能です。WebLogic Server のフロントエンドであるこれらのサード・パーティの Web Server と一緒にOracle WebLogic Server Proxy プラグインを利用することができます。 Oracle HTTP Server は製品の一部として、この Proxy プラグインをバンドルしており、'mod_wl_ohs' モジュールとして参照します。

Oracle Fusion Middleware 製品を利用する場合は、動作保証と互換性ガイドを参照してリリース間の動作保証をチェックしてください。Oracle WebLogic Server Proxy プラグインは、Oracle WebLogic Server のバージョンについて、過去との互換性があるように設計されていますが、すべての Oracle Fusion Middleware の"上位スタック" 製品とすべてのシナリオについて検証されたわけではありません。その他の Oracle Fusion Middleware 製品を利用する場合、ドキュメントで許可されたアプリケーションを使う場合に、最新の WLS プラグインを利用する必要があります。Oracle HTTP Server (OHS) では、mod_wl_ohs が WLS Proxyプラグインとして含まれています。 OHS が Oracle Fusion Middleware 製品と一緒にインストールされる場合、インストールされたアプリケーションとテストされているということが期待されています。 サードパーティの Webサーバ (IIS, Apache, iPlanet) では、プラットフォームの動作保証や置き換えを行う前に考慮すべき事項があります。

さらに進んだトポロジは、FMW 製品が混在して WLSにデプロイされ、しばしばWLSのインストールと分離され、すべてのアプリケーションにアクセスするために、単一のエントリポイントプロキシが必要となります。このような進んだトポロジで何がサポートされるかの結論を得るには、動作保証の確認が困難になることがあります。

選択した組み合わせで動作保証と互換性のガイドを確認した後、以下はリリース間の使用を検討する際にサポートされているものを要約しています。

WLS 14.1.1のためには、最新として OHS 12.2.1.4 の使用をお勧めします。もし、IISやApache、iPlanetを使用する場合、WLS Proxy Plug-In 14.1.1をお勧めします。

他の状況についてのNoteは下記の文書を参照ください:


1.0 から 1.1, 10g から 11g の変遷、および、12c に関する詳細は、以下を参照してください。

<Note 2238630.1> WebLogic Server Proxy Plug-In サポート

 

Oracle WebLogic Server 互換性情報


wlfullclient.jar のようなクライアントの互換性情報をチェックする場合は、以下のドキュメントで、以前のリリースとの重要なポイントに添って、追加情報を提供しています。

WebLogic Server Compatibility (WLS 14.1.1 standalone)

Oracle Fusion Middleware Oracle WebLogic Server 12c (12c) の理解
15 WebLogic Serverの互換性

https://docs.oracle.com/en/middleware/fusion-middleware/weblogic-server/12.2.1.4/intro/compatibility.html#GUID-A8ABF11F-230E-4959-9B91-8AE1E7E43750 (12.2.1.4)

https://docs.oracle.com/cd/E92951_01/wls/INTRO/compatibility.htm#INTRO112 (12.2.1.3)

https://docs.oracle.com/cd/E84527_01/wls/INTRO/compatibility.htm#INTRO112 (12.2.1.2)

https://docs.oracle.com/cd/E80149_01/wls/INTRO/compatibility.htm#INTRO112 (12.2.1.1)

http://docs.oracle.com/cd/E72987_01/wls/INTRO/compatibility.htm (12.2.1.0)

http://docs.oracle.com/cd/E57014_01/wls/INTRO/compatibility.htm (12.1.3)

http://docs.oracle.com/cd/E50629_01/wls/INTRO/compatibility.htm (12.1.2)

 

 

コンタクト

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
詳細
アクション
 動作保証の確認
 相互運用性と互換性
 Oracle WebLogic Server Proxy プラグイン
 Oracle WebLogic Server 互換性情報
コンタクト
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.