My Oracle Support Banner

アンデプロイを実施してもリタイア済状態のアプリケーションの一時ファイルが削除されない (Doc ID 2073963.1)

Last updated on NOVEMBER 08, 2018

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 10.3.6 から 12.2.1.0.0
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

本番モードで状態が "リタイア済" になったアプリケーションを対象としてアンデプロイを実施してもデプロイの際に生成された一時ファイルが削除出来ません。以下の手順でこの事象が再現出来ます。

  1. アプリケーションの新しいバージョンをデプロイし、現行のバージョンの状態を "リタイア済" へ変化させます。
  2. デプロイメントのターゲットの管理対象サーバーを再起動します。
  3. 状態が "リタイア済" になったアプリケーションをアンデプロイします。

ステップ 3 の実施後、 "リタイア済" になったアプリケーションの一時ファイルが削除されず、ディレクトリ $DOMAIN_HOME/servers/{server_name}/tmp/ に残ってしまいます。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.