My Oracle Support Banner

JSP ファイルの Timestamp が古い場合、再デプロイ後にJSPが再コンパイルされない (Doc ID 2125624.1)

Last updated on FEBRUARY 20, 2019

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 10.3 から 10.3.5
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

JSP ファイルの Timestamp が古い場合、再デプロイ後にJSPが再コンパイルされません。 

本事象は下記手順にて確認出来きます。

  1. jsp を一つ含むWebプロジェクトを作成します。
  2. jsp の内容を変更し、これを Version 1 とします。
  3. 任意の別のディレクトリに jsp を保存します。(例) 最終懇親日時: 01/01/2015 11:00 AM.
  4. jsp の内容を変更し、これを Version 2 とします。(例) 最終懇親日時: 01/01/2015 11:10 AM.
  5. 展開形式でデプロイし、プリコンパイルされたことを確認します。
  6. ブラウザから対象のページを表示し, Version 2 の内容が表示されることを確認します。
  7. jsp を以前に保存した Version 1 に変更し、再デプロイする。
  8. ブラウザから対象のページを表示し, Version 2 の内容が表示されることを確認します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.