My Oracle Support Banner

WebLogic の Weblogic.Rjvm.ConnectionManagerServer にてメモリーリーク (Doc ID 2244085.1)

Last updated on DECEMBER 27, 2017

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 12.2.1.0.0 から 12.2.1.2.0 [リリース 12c]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

WebLogic Server 12.2.1.0.0 では weblogic.rjvm.ConnectionManagerServer にてメモリーリークが見られます。

下記の動作が確認されています :- 

1. verbosegcログで WebLogic JVM のyoung generation と old generation のサイズは増大し続けます。そして、 このリークをクリアするには WebLogic サーバーの再起動が必要となります。

2. 問題のサーバーのヒープダンプの解析では、 “sun.misc.Launcher$AppClassLoader”によってロードされた複数の“weblogic.rjvm.ConnectionManagerServer”インスタンスがあり、最大メモリまで占拠します。


Example:

1,134 instances of "weblogic.rjvm.ConnectionManagerServer", loaded by "sun.misc.Launcher$AppClassLoader @ 0x6c0007ab0" occupy 2,166,945,856 (73.96%) bytes. These instances are referenced from one instance of "weblogic.utils.collections.ConcurrentWeakHashMap$Segment[]", loaded by "sun.misc.Launcher$AppClassLoader @ 0x6c0007ab0"

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.