My Oracle Support Banner

OID 11g 11.1.1.9 WLS 管理サーバと管理対象サーバの検知エラー:<Error> <oracle.adf.share.ADFContext> <BEA-000000> <ADFはADFContextリークを検出しました。 (Doc ID 2375354.1)

Last updated on APRIL 02, 2018

適用範囲:

Oracle Internet Directory - バージョン 11.1.1.9.0 以降
Oracle WebLogic Server - バージョン 10.3.6 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

'ADFContextリーク' エラーがWeblogic(WLS) の管理サーバと管理対象サーバに検知される事象です。

<2016/03/31 10時14分17秒 JST> <Warning> <oracle.adf.share.ADFContext> <BEA-000000> <getCurrentのDefaultContextを自動的に初期化しています。
コール元は、DefaultContextがこの使用に適していることを確認する必要があります。
自動初期化が不適切に行われると、メモリー・リークまたは予期しない動作(あるいはその両方)が発生する可能性があります。
getCurrent()を使用する前にinitADFContextを実行することで、このメッセージを回避できる可能性があります。
詳細は、oracle.adf.share.ADFContextのロギングをFINESTレベルで有効にしてください。>
<2016/03/31 10時14分17秒 JST> <Warning> <oracle.adf.share.http.ServletADFContext> <BEA-000000> <現在のアプリケーションがemであるのに対して、oldContextに付随するoracle.adf.share.DefaultContextが見つかりました>
<2016/03/31 10時14分17秒 JST> <Warning> <org.apache.myfaces.trinidadinternal.config.GlobalConfiguratorImpl> <BEA-000000> <コンフィギュレータ・サービスがすでに初期化されています。>
<2016/03/31 10時14分22秒 JST> <Error> <oracle.adf.share.ADFContext> <BEA-000000> <ADFはADFContextリークを検出しました。
ADFContextリークの処理方法の詳細は、ドキュメントを参照してください。
ADFContextリークの詳細を入手するには、oracle.adf.share.ADFContextのロギングをFINESTレベルで有効にしてください。
>

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.