My Oracle Support Banner

Red Hat Linux 7 上で FMW/WLS 11g および 12c のインストールが OS 認証についての前提条件のチェックで失敗する (Doc ID 2512033.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Fusion Middleware - バージョン 11.1.1.9.0 以降
Oracle WebLogic Server - バージョン 10.3.6 以降
Linux x86-64
- Oracle Linux 7 および Red Hat 7 は 12.1.3/12.2.1 がリリースされた時点ではサーティファイされていませんでした。
- 初期にサーティファイされたバージョンではインストーラの前提条件チェックを回避するための追加のステップが必要です。
- 本文書はバージョン 10.3.6, 11.1.1.9, 12.1.3.0 と 12.2.1.0 を対象にしています。

現象

サーティファイされた RedHat Enterprise Linux 7.x 64-bit 上で Oracle Weblogic Server を含む Oracle Fusion Middleware バージョン 11g および 12c のインストールが失敗します。

Oracle Universal Installer (OUI) 前提条件画面はインストーラは Redhat 7 をサーティファイしていないと表示します。




変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.