My Oracle Support Banner

Oracle Advanced Support Gateway(OASG)にPlatinum Exadata OEMおよびADS(Advanced Database Support)障害イベントの監視レベルを表示および設定する方法 (Doc ID 2516141.1)

Last updated on SEPTEMBER 30, 2019

適用範囲:

Oracle Advanced Database Services - バージョン N/A から N/A
Oracle Exadata Storage Server Software - バージョン 12.1.1.1.0 から 12.1.2.2.3 [リリース 12.1]
Oracle Platinum Services - バージョン N/A から N/A
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上の注意事項
====================
本文書は英語の文書(Document 2047194.1: 最終メジャー更新日2016年12月29日)の日本語版です。
英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

Oracle Advanced Service Gateway (OASG)がによって配信されるターゲット監視レベルの設定。

適用範囲:

- Oracle Exadata OEM障害イベント用のOracle Platinum Services SR自動化
- Oracle Advanced Database Support (ADS) 障害イベント

本ドキュメントでは:

コメント:

SASR SR重大度は、以下の3つの属性によって決定されます:
- 基礎となるデータベース/ターゲット/ホストの監視レベル
- 問題となっている障害/エラー
- ASRバックエンドに実装されている現在のem12asrルール(表1に反映されています - モニタリングレベルと障害のさまざまな組み合わせに対する初期の自動SRの重大度)。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.