My Oracle Support Banner

WebLogic 10.3.5 と WLS 10.3.6 の間の JSP 冗長 オプションの差異について (Doc ID 2635633.1)

Last updated on FEBRUARY 04, 2020

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 10.3.6 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

本番モードの場合、Oracle WebLogic Server を 10.3.5 から 10.3.6 (10.3.6.0.5) へアップグレードした後の JSP 冗長 オプションのデフォルト値は "無効" に変わります。結果として、デフォルトでは WebLogic Server はコンパイルエラーをブラウザに表示しません。

JSP 冗長 オプションが無効の場合 (WLS 10.3.6.0.5 以降のデフォルト)

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.