My Oracle Support Banner

WebLogic での GCログ の設定方法 (Doc ID 2744062.1)

Last updated on JANUARY 18, 2021

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 10.3.6 から 12.2.1.4.0
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

GCログは、Javaプロセスのメモリの使用率、GCの時間や頻度を知るための重要なログです。

このログは Javaプロセスにおける OutOfMemoryError やハング、パフォーマンスの問題の調査には必須の情報です。

 

このドキュメントは以下のJavaのバージョンを対象にしています。

- JDK 7u76 and later
- JDK 8

また、このドキュメントはGCログの Java オプションについてのみ説明します。
Java オプションをどのように WebLogic に設定するかについては以下のドキュメントを参考にしてください。
Best Practices to Configure JAVA_OPTIONS for Oracle Fusion Middleware / Oracle WebLogic Server (<Document 2160246.1>)

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 1. メモリ関連の問題の調査に最低限必要な一般的なGCログのオプション
 2. 一般的なGCログのオプションにローテーションを追加したもの
 3. 詳しいGCログオプション(-XX:+PrintHeapAtGCを追加)にローテーションを追加したもの

 例:
 オプションの説明:
 -Xloggc:<DIR>/<GCLog_File_Name>
 -XX:+PrintGCDateStamps
 -XX:+PrintGCDetails
 GC ログローテーションの設定:
 -XX:+UseGCLogFileRotation
 -XX:NumberOfGCLogFiles=<NUMBER_OF_FILES>
 -XX:GCLogFileSize=<FILE_SIZE>
 例:
 -XX:+PrintHeapAtGC
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.