My Oracle Support Banner

Incorrect follow-up number stored after the case nullified (Doc ID 1671125.1)

Last updated on MAY 12, 2014

適用範囲:

Oracle Argus Safety Japan - バージョン 6.0.7 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

すでに複数回 (PMDA E2B) 追加報告を行っている症例を削除した場合、破棄報告が自動的に生成されます。

この破棄報告に対しては、前回のfollow-up番号に1を足した番号が正しい番号になりますが、前回と同じfollow-up番号が付与される場合がります。


再現手順は以下のとおりです。

1. follow-up #3 のPMDA E2B報告を行っている症例があります。
2. この症例を開き、(menu) 症例のアクション > 削除を選択します。
3. 破棄理由(Justification)を入力します。
4. OKボタンを押します。
5. Transaction Server上、破棄報告が生成されていることを確認します。
6. cmn_reg_reports table から この破棄報告に対するレコードのFollowup_NUM カラムを確認すると、

本来であれば、follow-up#4であるべきところ、前回のfollow-up #3がそのまま格納されています。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.