My Oracle Support Banner

提示納入予定日が組織受入カレンダの非稼働日に設定される (Doc ID 1920770.1)

Last updated on APRIL 17, 2018

適用範囲:

Oracle Advanced Supply Chain Planning - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

On : 12.1.3 version, Memory Based Planner

ACTUAL BEHAVIOR
---------------
お客様は組織受入カレンダを使用していますが、計画オーダーの提示納入予定日が非稼働日に設定されます。

EXPECTED BEHAVIOR
-----------------------
提示納入予定日が組織受入カレンダの稼働日に設定される。

STEPS
-----------------------
この問題は以下の手順で意図的に再現でききます。

1. 以下のNOTEを使用し、組織受入カレンダを割り当てます;
    NOTE:730061.1 - How To Setup Supplier Delivery Calendar - Organization Receiving Calendar In Versions 11.5.10.2 and Above

2. カレンダの非稼働日を確認します。
   カレンダ:RCV-CAL
   April 25,26,27,28 が非稼働日です。

3. データ収集を実行します。

4. EDD 計画を実行します。

5.計画ワークベンチで、購買品目に対する計画オーダーを確認します。

   計画オーダーは設定された組織受入カレンダを参照していますが、その提示納入予定日は、非稼働日である"28-APR-2014"に設定されています。

BUSINESS IMPACT
-----------------------
計画オーダーをASCPよりリリースすると、想定外の納入日の発注が作成されます。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.