My Oracle Support Banner

B.2.i.0 <primarysourcereaction>に値がないICSRをインポート後、日本語事象名が表示されない (Doc ID 2042625.1)

Last updated on MAY 24, 2016

適用範囲:

Oracle Argus Safety Japan - バージョン 7.0.5 から 8.0.1 [リリース 7.0.0 から 8.0]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

B.2.i.0<primarysourcereaction> tag (eg., <primarysourcereaction/>) の値がないICSRをインポート後、

この事象が正しくEnglish case viewには表示されていますが、Japanese case viewは** 翻訳されていません **と表示され事象が表示されない


Note:  この問題はどのmesages profile(FDA/EMA/PMDA)を使用してインポートした場合でも発生します。

再現手順は以下のとおり:
Prerequisite : MedDRA/J が common profile optionに設定されている

1. B.2.i.0 <primarysourcereaction> tagの値がないICSRをインポート

 eg, -- Chills (10008531)---

<reaction>
 <primarysourcereaction/>
  <reactionmeddraversionllt>17.0</reactionmeddraversionllt>
  <reactionmeddrallt>10008531</reactionmeddrallt>
  <reactionmeddraversionpt>17.0</reactionmeddraversionpt>
  <reactionmeddrapt></reactionmeddrapt>
  <reactionoutcome>6</reactionoutcome>
  </reaction>

2. ICSRの受け入れ
3. 症例を開き、症例のビューモードを英語に変更
4. 有害事象タブをクリック
5. インポートしたevent "Chills" が正しMedDRAとコーディングされ表示されていることを確認
6. 症例のビューモードを日本語に変更

グリーンチェックアイコンが表示されているので、インポートした事象はMedDRAとコーディングされているが、日本語の事象名等が表示されていない(** 翻訳されていません ** と表示される)

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.