My Oracle Support Banner

ユーザーが定常ゲートの先行タスクのスケジュールを変更することを制御できない (Doc ID 2073183.1)

Last updated on FEBRUARY 17, 2019

適用範囲:

Oracle Agile Product Portfolio Management - バージョン 9.3.2.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

実際の動作

ゲートが定常ゲートに設定されているにも関わらず、ユーザーが先行タスクのスケジュールを変更することができてしまい、定常ゲートのスケジュールの変更を引き起こしてしまいます


期待する動作

ゲートが定常ゲートに設定されている場合には、ユーザーが先行タスクを移動することを制御できること


再現手順

  1. Java Client に管理者ユーザーとしてログインします
  2. 管理者ユーザーに、ゲート.一般情報.定常ゲートの有効化 に対する変更権限を付与します
  3. user1を作成し、ゲート.一般情報.定常ゲートの有効化 に対する変更権限を除き、管理者ユーザーと同じ権限を与えます
  4. Web Client に管理者ユーザーでログインし、プログラムPROG01を作成します
  5. PROG01のスケジュールタブに移動し、Task01 とGate01を作成します。F-S の依存関係をこの二つに設定します。Gate01 の一般情報.定常ゲートの有効化を「はい」に設定し、定常ゲートに変更します
  6. user1 をTask01のチームメンバーに設定します
  7. Task01のスケジュール終了日を当初の予定よりも二日先の日付に変更します。Gate01のスケジュール終了日が自動的に変更されることを確認します。管理者 ユーザーは定常ゲートを変更する権限があるため、これは期待通りの結果です
  8. Web Client にuser1としてログインし、プログラムPROG01のスケジュールタブを開きます
  9. Gate01 を開いて編集をクリックします。スケジュール終了日が変更不可であることを確認します。user1は定常ゲートを変更する権限がないため、これは期待通りの結果です
  10. Task01 を開き、編集をクリックします。スケジュール終了日を当初の予定よりも二日先の日付に変更します。Gate01のスケジュール終了日が自動的に変更されることを確認します。user1 ユーザーは定常ゲートを変更する権限がないため、これは期待しない結果です

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.