My Oracle Support Banner

AG serviceによって複数のPMDA E2Bを同時に生成した場合、同じsafetyreportidが割り当てられる (Doc ID 2127807.1)

Last updated on MAY 01, 2018

適用範囲:

Oracle Argus Safety Japan - バージョン 8.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

現在ある症例において、最終稿を生成する必要がある(初回)PMDA E2Bが複数あります。

AG service (Batch report generation / Batch report generation worker)によって、これらの複数のPMDA E2Bが生成された際、

同じsafetyreportidがそれぞれの報告に割り当てられる場合があります。

 
もし、このまま全ての報告をまとめて送信した場合、重複したsafetyreportidを持つ PMDA E2B は送信エラー(EDI Inが赤)になります。
原因は、重複したsafetyreportidを持つ もう一方のPMDA E2Bがoutgoing folderにすでに置かれているためです。
(送信エラー) Error while saving file in outbound folders - The file 'xxxx.zip' already exists.

 

 



---------------------------------------------
STEPS
---------------------------------------------
AG Service: BRG と BRGW が設定済み

1. Case action > newを表示
2. 必須項目を入力
3. book-in

4. 症例を開く
5. PMDA E2B報告に必要な値を入力
6. Japan Marketed licenseに対して、初回PMDA E2Bをスケジュール
7. Japan investigational license(A)に対して、初回PMDA E2Bをスケジュール
8. Japan investigational license(B)に対して、初回PMDA E2Bをスケジュール
9. 症例を保存
10. 症例をロック
11. 症例を閉じる

12. BATCH_GENERATION_QUEUE テーブルを確認
3つのレポート(レコード)が挿入されたことを確認

13. 引き続き、BATCH_GENERATION_QUEUE テーブルを確認
3つのレポート(レコード)の処理が行われ、レコードが消えたことを確認

14. 以下のデータを確認

SQL> select * from cmn_reg_reports
作成日がGenerated_Dateカラムに指定され、報告ステータスがすべて”作成済み”。

SQL> select * FROM PMDA_CASE_E2B_WW_NUMBER

3つのレポートのうち、2つのレポートは同じ safetyreportid 番号がアサインされ、作成された日時"DATE_ GENERATED"が同じ。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.