My Oracle Support Banner

ユーザーの言語が日本語かオブジェクト名に日本語を含む場合Agileドライブで添付ファイルが表示されない (Doc ID 2128482.1)

Last updated on FEBRUARY 19, 2019

適用範囲:

Oracle Agile PLM Framework - バージョン 9.3.4.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

実際の動作
ユーザーの言語が日本語かオブジェクト名に日本語を含む場合Agileドライブで添付ファイルが表示されない

期待される動作
ユーザーの言語が日本語かオブジェクト名に日本語を含む場合でもAgileドライブで添付ファイルが表示されること

手順
以下の手順で現象が再現できます:

  1. Java Clientにログインしプリファレンスを変更します

    サーバー設定 > プリファレンス
    Agileドライブ : 有効

  2. ファイルマネージャを再起動
  3. クライアントPC上でregeditを実行
  4. regeditでキー "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WebClient\Parameters" に移動しパラメータ "BasicAuthLevel" を値を 2 に変更することでWindows 7/ Windows 8のベーシック認証を有効にします
  5. Windows 7/ Windows 8 のサービスにて「Web Client」サービスを再起動します
  6. コマンド・プロンプトを起動しagileドライブをマップします

    net use * http://xxxx.com:8080/webdav/

  7. Web Clientにログインし日本語文字を含むオブジェクトを作成します
    Part: P00073ああああああAAAA

  8. 添付ファイルタブに移動し、Part : P00073ああああああAAAAにファイルを添付します
  9. 最近訪れたところ : P00073ああああああAAAA をクリックします
  10. Agileドライブを参照します。添付ファイルを含むフォルダが表示されません

    Z:\最近訪れたところ\P00073ああああああAAAA

  11. Web Clientに戻りPart :P00073ああああああAAAA  を P00073 に名称変更します
  12. 最近訪れたところ : P00073 をクリックします
  13. Agileドライブを参照します。 添付ファイルが参照できます

    Z:\最近訪れたところ\P00073\初版

  14. Web Clientにログインし、ユーザーの言語を日本語に変更します
  15. Agileドライブを参照します。 添付ファイルを含むフォルダが表示されません

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.