My Oracle Support Banner

Solidworks の仮想部品がプレビューの保存画面において標準部品として表示される (Doc ID 2192727.1)

Last updated on FEBRUARY 27, 2019

適用範囲:

Oracle Agile PLM MCAD Connector - バージョン 3.3.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

Solidworks アセンブリ(sldasm)で使用されている仮想部品が、標準部品として表示されます。どの仮想部品もプレビューの保存画面の関係ツリーに表示されないことを期待しています。

再現手順:

  1. SolidWorksでSolidWorksアセンブリを開きます
  2. Solidworks アセンブリ内において、アセンブリ内のひとつの部品をハイライトし、コマンド画面を開くために右クリックし、「仮想化」を選択します
  3. これにより、部品が完全にアセンブリ内に内包されるように変換されます。Solidworks は次のワーニングを表示します(次の手順を参照してください) :
  4. 部品を仮想化すると、外部ファイルへのリンクが解除されます。継続しますか (継続するには「OK」をクリックします)
  5. SolidWorks メニューから、ツール --> Agile --> プレビューの保存 を選択します
  6. プレビューの保存画面が表示されますが、仮想部品に変換された部品も関係ダイアグラム・ツリーに表示されています。この部品は仮想部品であるため、表示されるべきではありません。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.