My Oracle Support Banner

Follow-up local report がスケジュールされる (Doc ID 2307147.1)

Last updated on FEBRUARY 18, 2019

適用範囲:

Oracle Argus Safety Japan - バージョン 8.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

以下のCommon profile switchの設定で、"Even when previously scheduled reports are neither submitted nor marked for "submission not required" を選択しています。


Argus Console > System configuration > Common profile switch > Reporting > Expedited
-----------------------------------------------------------------
Allow generation of report:

[_] Only when previously scheduled reports are submitted or marked for "submission not required"
[X] Even when previously scheduled reports are neither submitted nor marked for "submission not required"
-----------------------------------------------------------------

 

前回の報告(local report)のステータスが"submission not required(報告の必要なし)"にもかかわらず、追加報告(local report)がスケジュールされる場合があります。

 


---------------------------------------------
再現手順は以下のとおり
---------------------------------------------
1. 新規症例作成画面を表示
2. 必須項目に値を入力
3. Book-in

4. 症例を表示
5. PMDA E2Bの必須項目に値を入力
6. 症例をロック (Note: 症例がgloballyロック、locallyロックされている状態であることを確認)

7. 行政報告タブを表示
8. [自動スケジュール] ボタンを押す
9. 初回 PMDA E2B (local report) がスケジュールされていることを確認

10. 最終稿を生成
11. 報告のステータスを提出済みへ

12. 行政報告タブより[自動スケジュール] ボタンを押す
13. follow-up PMDA E2B (local report) がスケジュールされていることを確認
14. 報告の詳細より、”提出が必要”に対して いいえ を選択

15. 行政報告タブより、再度 [自動スケジュール] ボタンを押す

follow-up PMDA E2B (local report) がスケジュールされる。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.