My Oracle Support Banner

アイテムの説明フィールドがマッピングしていないにも関わらず自動で入力される (Doc ID 2322613.1)

Last updated on MARCH 08, 2018

適用範囲:

Oracle Agile PLM MCAD Connector - バージョン 3.5.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

実際の動作

CADコネクタのMapping Editorにて、デザインの属性「Description(説明)」にのみCADプロパティの属性「部品名」をマッピングしている場合に、
3Dモデルと図面を「Save with drawings」で同時にチェックインしAgileアイテムにパブリッシュすると、アイテムの属性「説明」に勝手にアイテム番号が入力されます。

期待する動作

アイテムの説明フィールドが自動的にアイテムの番号で入力されないこと

 

再現手順

1. Agileでアイテムを作成します
2. Solidworksで新しい部品を作成し、ローカルに保存して以前に生成したアイテム番号の名前をつけます
3. マッピングを設定します
4. ファイル・プロパティを設定します(重要:デザインの説明フィールドのマッピングの値は空白にしておきます)
5. 部品をAgileに保存します
6. Agileでアイテムをチェックします - アイテムの説明フィールドがアイテム番号とマッピングされています

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.