My Oracle Support Banner

Agile SDKを用いてWeb Service経由での検索クエリの結果件数が100件以上の場合、重複行や消失行が発生する (Doc ID 2392019.1)

Last updated on FEBRUARY 21, 2019

適用範囲:

Oracle Agile PLM Framework - バージョン 9.3.3.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

実際の動作
Web Service で検索を実行すると出力が100件以上となる場合、重複行が発生します。

例えば1000行の結果が出力されることが想定される検索クエリがあり、
もし重複行が発生した場合でも、検索結果の合計は変化せず1000行出力されるものの
レコード上には重複が含まれるため、本来表示されるべき行が出力結果から消失します。

この現象は常に発生しないものの、初回の検索時、重複行が発生する頻度が高いです。
また、同じ検索条件で実行すると、2回目と3回目では重複行が含まれません。

検索条件を変更した場合は、現象が再発します。

以下が検索時の条件です :

1) プリファレンス : すべてのレコードの重複の検索 : いいえ
2) agile.properties ファイル には query.batchSizeForRelatedObjectPrivCheck パラメータが未設定
3) ITable がコード上で利用されている

期待される動作
100件以上でも、Web Serviceの検索結果は一意の行のみ出力すること

手順
1. Web Service プログラムにより100件以上の結果を出力する検索プログラムを実行

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.